インポートランジェリーと補正2

インポートランジェリーにはいろいろな補正機能が付いています。

今回はその中でもブラジャーの補正機能について考えてみたいと思います。

ブラジャーの補正機能は、国内のメーカーのランジェリーでも、ブラジャーの補正機能には、充実したものがあります。

でもたいていの場合、その内容はパッドでボリュームを出すといったものです。

中にはバストを寄せ上げる機能に加え、パッドを使いボリュームも出すものも存在します。

両側にパッドを入れることにより、真ん中にバストを寄せて谷間を作るという仕組みになっているものもあるようです。

多くのインポートランジェリーには、そういった仕組みが組み込まれています。

しかし日本製の商品と比較すると、パッドをあまり使わないものが多く見られます。

なるべくパッドを使わないで、寄せ上げることでボリュームを出るようにしているようです。

そしてバストトップを高い位置へ上げるようにするブラジャーも多いようです。

たとえボリュームがあったとしても、バストトップの位置が低い胸はあまり魅力がありません。

そのため、トップの位置を高く補正してくれるブラジャーがあると便利です。

その効果はアウターを着たときにに一目瞭然です。

上半身が見違えるように美しくなるのです。

それとバストが広がりすぎていても、崩れて見えてしまいます。

広がりを補正する機能もあるといいと思います。

これもやはりアウターを着た際の見た目に影響します。

インポートランジェリーの場合、欧米人体型に合わせて作られています。

そのため幅のやや広いものが多めです。

しかし補正機能でその辺がカバーされているものも多くあるので、安心でしょう。

インポートランジェリーをまだ着慣れない人はは、最初に補正力のあるブラジャーを購入しておくといいと思います。

無論スタイルに自信があれば、補正機能はなくても、大丈夫です。