ドイツのインポートランジェリーのブランド

高度なセンスのデザインが生み出される国というと、ドイツがあります。

そして当然ランジェリーも優れたデザインのものが多いのです。

ドイツのランジェリーは、ただデザインが良いだけではありません。

優機能面においても優れているのです。

中途半端ではなく、すべてにおいて優れたその製品達は、ドイツらしいと言えるでしょう。

まずは「SUSA(スーザ)」をご紹介したいと思います。

このブランドは、1859年にコルセットメーカーとして誕生しました。

今でも補正下着の方面では、トップにあり続けています。

お手頃なお値段でありながら、日本人に向けたサイズ展開も行っています。

お値段が安いため、比較的、楽な気持ちで購入できるインポートランジェリーではないでしょうか。

特に補正機能にこだわる日本人の女性は多いですので、ちょうどいいブランドですね。

ドイツの高度な技術で作られたランジェリーを、手に取って見てみることをおすすめします。

きっと愛用品のひとつになることでしょう。

次にご紹介するのは、「ulla(ウラ)」です。

このブランドはグラマラスな女性のために作られたランジェリーです。

ここの商品はアンダーサイズが120センチからといったような、相当にグラマラスな女性にも対応しています。

日本国内のランジェリーは、大きいサイズの場合、デザインが地味になる傾向があります。

しかしウラのランジェリーの場合、どのようなサイズであっても常に華のあるデザインです。

もしあなたが大きなサイズを探していて、なおかつお洒落なランジェリーが良いと思っているのなら、おすすめブランドと言えます。

そしてドイツがとても先を行っているのは、乳がん患者用のケアブラジャー、マタニティーランジェリー等が用意されていることです。

そういった製品を作っているブランドが「Anita(アニタ)」です。

普段お店で売っているようなランジェリー以外に、いろいろな人に配慮した製品がたくさん用意されているのです。

その分野で世界トップクラスのブランド言えるでしょう。

こういったインポートランジェリーがあることも覚えておくといいと思います。