インポートランジェリーのショーツ

インポートランジェリーには、多様なデザインのショーツがいっぱい存在します。

国内のランジェリーも昔に比べると種類が増えてきました。

一時期はTバックタイプが話題になり、今では普通に使われています。

しかし海外のランジェリーはさらに先を行っているものがあります。

ところでショーツがどういう種類に分かれているのか、あまり知られていないと思います。

ぜひここで知識を得ていってください。

ランジェリーを購入する時にきっと役立つでしょう。

国内では先ほど挙げたTバックが普及しました。

一方インポートランジェリーでは、ストリングタイプというものも人気があるそうです。

このストリングというのは紐を意味する言葉です。

すなわちサイドが紐になっているタイプのショーツです。

紐になっているものならば、バックがショーツタイプ、Tバックタイプに関わらずストリングタイプとなります。

中にはバックのTバックの部分も紐になっているものも存在するそうです。

こういうものはアウターに影響が出ないという理由で人気が高いのです。

次にご紹介するのは、ヒップスターというものです。

これはローライズ型のショーツのことを指していいます。

中でも股上が浅い形のものは、ローウエステッドと呼ぶこともあるそうです。

そして同じように股上が浅い形のもので、男性が使うトランクスのような形になったものは、ボーイショーツと呼ばれています。

他にはディンキーというものがあります。

これは「小さい」という意味を持つ言葉です。

名前通りに、少ない布地で作られたタイプのショーツを指しています。

そして、ハイレグまたはハイカットレッグと呼ばれているものがあります。

これは日本でもおなじみなので、イメージできると思います。

高い位置に、脚繰りの箇所がカットされたショーツのことです。

これは脚が長く見える効果があることで知られています。

サスペンダーというものがありますが、これはガーターベルトと言った方がわかると思います。

ショーツにガーターが付くタイプのものもインポートランジェリーの商品には、あるんだそうです。