インポートランジェリーのブラジャー2

ブラジャーの種類について、ある程度の知識をお持ちの方もいらっしゃると思います。

しかし今回ご紹介するのは、あまりよく知られていないタイプのブラジャーです。

こういったブラジャーの分類については、インポートランジェリーと国内のランジェリーで、大きな違いはありません。

知識を持っていれば、購入時に役に立つと思います。

まずはブランジブラジャーというものについてです。

これはカップの箇所がV字型に切り込まれた形をしています。

脇の方から寄せるような形になるので、美しい谷間に見える効果があるそうです。

このブランジブラジャーよりもカップの箇所がより浅くカットされているものもあります。

それはロウカットブランジブラジャーと呼ばれています。

ブランジブラジャー同様の効果が期待できますが、バストの間隔が広めの方に向いているブラジャーです。

次にご紹介するのがバルコニーブラジャーです。

どういったものかというと、カップの上の箇所が水平に近くなっています。

そしてカップの横幅は狭くなっているブラジャーです。

こういった形のブラジャーは、日本で作られているものとカップの幅が近いそうです。

そういう意味では日本人に向きいている製品ではないでしょうか。

このバルコニーブラジャー以上にもっとカップの箇所が浅くカットされたもも存在します。

デアードバルコニーブラジャーと呼ばれているものがそうです。

これはバストを持ち上げる効果が期待できるブラジャーですので、垂れ気味で悩んでいる場合に適しているでしょう。

他にはジェットセットブラジャーがあります。

カップの箇所がかなり鋭いV字型に切り込まれています。

この形にどういう効果があるかというと、脇からの寄せる力と、下からの持ち上げる力があるのです。

バストのボリュームを増やしたい時に適しているブラジャーです。

最後にバスクとをご紹介します。

長さがウエストくらいまでの、ロングタイプのブラジャーのことをそう呼ぶそうです。

ビスチェと言った方が、知られているかもしれませんね。

こういった少々変わったタイプのものもインポートランジェリーにはあります。

デザインに優れたものも多いので、お目当てのタイプのものをぜひ探してみてください。