インポートランジェリーと洗濯機

インポートランジェリーを洗濯する際には、なるべく手洗いにしましょう。

しかし忙しい人が多い現代では、それが難しい方も多い事でしょう。

そういった場合、洗濯機でネットを使い洗うしかありません。

洗濯機でもランジェリーが痛まない方法を考えましょう。

まずネットは2枚重ねで使いましょう。

こうすることによって、ダメージは減らせるでしょう。

そしてなるべく、衣服など別の種類の物とは一緒に洗わないようにします。

ランジェリだけで一緒に洗うように心がけましょう。

それでは洗濯機の方の設定はどうすればいいのでしょうか。

洗濯機はそれぞれ水流を弱めて優しく洗える設定があるはずです。

機種によって、デリケート洗いのモード、手洗いモード、ウールモード等、名称が違いますので、調べてみましょう。

そして洗う時は必ず、モードをそのように切り替えてから実行しましょう。

もちろん洗剤も、繊細な衣類専用のものを購入して使います。

すすぎの時には、水流が弱くなるモードにして、じっくりと時間をかけます。

すすぎがちゃんとできていないと、色褪せ、変色が起こりやすいので気をつけましょう。

そしてもっとも大事なのが、脱水なのです。

なぜなら脱水が、型崩れの最大の原因だからです。

短い時間で切り上げるようにしてください。

時間は30秒くらいで大丈夫です。

または脱水だけは、タオルで包んで水気を吸い取り、手作業で行えばより安心だと思います。

最後に干す時の注意点です。

干す際には、陰干しをするようにしましょう。

ショーツの場合、履くときと同じ向きで干します。

ブラジャーの場合は、カップが下を向くように干します。

以上のようなことに気をつければ、洗濯機で洗っても、インポートランジェリーは長持ちするでしょう。