インポートランジェリーの手入れ

大切なインポートランジェリーは、長く持っていたい物です。

そのために大事な事は、他の服とまとめてに洗濯機に入れたりしないことです。

インポートランジェリーは、非常に繊細なものなので、こういったことは絶対しないようにしましょう。

一見飾りの少ない補正機能付きのものでも同様です。

パッと見ると丈夫に見えるかもしれませんが、やはりとても繊細なものなのです。

美しいスタイルを生み出すための補正機能は、細やかな設計に基づくものです。

なので、洗う時には手洗いをするように気をつけましょう。

中には面倒なので、ネットに入れ、洗濯機で洗ってしまう方もいると思います。

しかし長持ちさせるためには手洗いを基本にした方がいいでしょう。

なんといっても数万円もするようなものが多いインポートランジェリーです。

それを考えても、やはり手洗いをする方が自然だと思います。

しかし単に手洗いということではなく、その前に洗濯方法が記載された表示を必ず確認しておきましょう。

そこにはどういった洗剤を使ったらいいのかも、書かれてあるはずです。

インポートランジェリーは、輸入ものなので表示が英語やフランス語だったりします。

しかし多くはマークや記号で判断できると思います。

もしもマークがなく、表示も外国語で読めない場合はどうしたらいいしょう。

そういうケースでは、できるだけ繊細な衣類専用の洗剤を使用して、優しく手洗いすればいいと思います。

そして、もみ洗い、こすり洗いを等はしないようにしましょう。

押し洗いをするのがベストです。

洗いおわったら水できっちりとすすぎ、タオルで包んで脱水します。