インポートと国産は、どう違うのか2

インポートランジェリーと国産ランジェリーとは、どのように違うのでしょうか。

まず目につくのはデザインでしょう。

また、ランジェリーに対する主義主張の違いもあります。

しかしそれ以外にも、もっと具体的な所にも違いがあるのです。

日本では「寄せて上げる」というキャッチフレーズで有名なランジェリーがありますよね。

それらに代表されるように、基本として国産のランジェリーというのは、体型補正が主流です。

機能面を重視しているということです。

昔に比べ、日本人の体形が欧米人に近づいてきたと言っても、骨格的にも、まだまだ大きな違いがあります。

今の段階では、同じになったとまでは言えないでしょう。

日本人にとっは、いつの頃からか、欧米人の体型に憧れ続けてきました。

そのため、憧れに近づくために、ランジェリーによって補正を行うようになったというわけです。

そういった理由から、機能面が重視される傾向があり、デザインの面から見ると、インポートに少々劣ることがあるというわけです。

以前に比べてインポートランジェリーも、多様なサイズの選択肢が増えました。

しかし、日本のサイズの種類に比べると、やはりまだ選べるサイズは大幅に少ないのです。

例を挙げると、日本ではブラジャーのサイズは、アンダーサイズが5センチ刻みです。

中には2.5センチ刻みという場合もあります。

カップに関しても、AAAなどというものまで揃っているのです。

このようにサイズが豊富なため、自分の体型に合わせつつ、その体型をどうにか美しく見せる工夫ができるのです。

国産ランジェリーの、細かいサイズ展開は、とても嬉しいことですね。

その点、インポートランジェリーの場合はもっと大まかです。

場合によっては、3種類くらいしかサイズが用意されていないということもある程です。

インポートランジェリーは国産とは逆に、体を圧迫しないような、着け心地に余裕を持たせることを大事にしています。

両方のランジェリーを持ってれば、どのような場面でも心強いと思います。